忍者ブログ
野球もマンガもアニメもチラ裏しまくるよ。08.9.24作成。
[1]  [2]  [3
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

買ったマンガ追記してみる。
まだあったのかww
  • ジャイアントキリング(9)
  • ハンマーセッション!(11)<完>
  • 破天荒遊戯(11)
こんなとこだー。

ジャイキリ。読んでいる間に2、3回ぞくっとしたw
えーい!サッカーすげえ!でも現実にサポーターになろうって気は起こらないww
サッカーというか演出が・・・。原作の人が考えてるのか作画の人が考えてるのかわからんけど。
あ~キテマスキテマス。そして相変わらず表紙かっこいい。是非書店やらネットやらでご覧ください。

ハンマーセッションは正直惰性気味に買っていたから11で完結してホッとしました・・・。終わり方もなかなかいい気がする。本誌で最終回だったときはびっくりしたけどww

破天荒遊戯もなあ・・・だんだん笑いづらいギャグが増えてきたというかノリが
(´ー`;)
な感じになっていたんだけど、序盤の話とつながってきたので、今後にも期待してみる。


2月には何が出るのだろう・・・。本棚が・・・本棚がああ。

ていうか途中で買うのやめちゃったマンガどうしよう・・・買うほど好きじゃなくなったのもあれば、集めるのが中断状態になってるのもあるんだが。あとマイナー気味で大きい本屋行かないとなかったりw

受験挟むと何巻まで買ったかわからなくなりやすいしな。受験終わってから結構経ってますけれども。

むふん。
PR
結局ジャイキリ今出てる8巻まで買っちゃった。分けて買ったけど大人買い。
1,2,3巻を買った翌日に4巻を買い、さらにその翌日に5,6,7巻を買い、さらにさらにその翌日の今日、8巻を買いました。

初版にはステッカーがついてくるんですが(綴じ込み)6,7,8巻と初版でゲットだぜー。結構かっこいいな。

ちなみに本誌で見だしたのは6巻の途中からだったようだ。

監督登場、チームの内情、その立て直し、各自の課題。それとゲームがうまいこと噛み合っていてすごいですな。
なんかよくあるサイトみたくきっちりレビュー書いてみたいけど、まあまとめて読んじゃったから初見の各巻ごとの感想書けなさそうだw
 
 
ちなみに今月買ったマンガ。今の時点で。
  • スケットダンス(6)
  • 7月の魔法使い
  • 十二秘色のパレット(6)<完>
  • モノノ怪(1),(2)
  • ジャイアントキリング(1~8)
  • シバトラ(10)
  • 神のみぞ知るセカイ(3)
買いすぎか・・・
かねてから買うのを迷っていた『ジャイアントキリング』(モーニング)。
今日本屋で迷いに迷って・・・
1~3巻買いましたw
いきなり3冊ww
やっぱりおもすれえww買って正解w

関係ないけど不思議なのが、なんでマンガに限らず本って裁断ミスらしきこう・・・ヘコミが生じるんですかね?長さが揃ってないの。
ちょっと嫌。でも替えに行くほどじゃない。でもでも、嫌っていうww

あーもう続き買いたい。今月また新刊出るしね。ジャイキリ発行のペース早い気がする・・・。
買おうか迷いだしてから3冊くらいでてそうな気がする・・・。

サッカーは好きでも嫌いでもない(野球にはまる前はなんとなく、くらいに好き)んだけどジャイキリいいよいいよー。
絵かわいいんだな。
いえっふー。
の、マンガ買っちゃったよ~。
レビュー見てると「原作であるアニメに忠実すぎてツマンネ」って意見や「描き込みが豪勢すぎて見づらい」って意見が多かったので不安ながらも、買っちゃった。

そしてその通りだった。

でも買ったの後悔していないです。
アニメのおさらいになるしな。

そのうち発売されるであろう小説「モノノ怪 海坊主」も買ってしまおうかな。未定だが・・・。
というか解釈の難しい話の小説化は嬉しいんですよね。文字からの情報の方が絵だけの比喩的な情報よりわかりやすい・・・と思われる。
小説の作者は脚本の人とは違うようだけど気になるわ。


ちなみにDVDBOXも結局予約したよ。

ここまではまるとはな・・・。しかしアマゾンでのランキングすごいわ、BOX。DVDで44位、DVDBOXで12位。


くどいようですが、プリンセスチュチュのDVDBOXの方がもっとほしいです。
先週モーニングを立ち読みしていて、衝撃的なページを見つけた。

っていっても広告ですが。

久保ミツロウが新連載するよ!っていう。

イブニング初登場だよーって。

タイトルは『モテキ』。

11月11日発売のイブニングから連載ってことで・・・

11日にイブニング買っちゃいました(`・ω・´) 巻頭カラーですからね。

もうすぐ20代を終えるヘタレ会社員に、突然モテ期到来!
昔の知り合い女性から一気に連絡が。
そして初回は、ちょっとトラウマになった、元同じ職場の女性との話。
1年前、フェスに行ってちょといい感じ・・・と思いきや・・・な、うん。ネタばれそう。

とりあえず太ももにラーメンこぼすのはやばいなと思いました・・・。ふとんの上で食べちゃいけないですね。こぼします。

やあー久保さんの絵好きー。

あとあの微妙に卑屈なテンションも好きー。

しかし主人公がメグルに見えてしまうあたり、やっぱトッキューが終わった感じがしないんだろうな。

メガネしか一致してないのにwwwメグルはヘタレじゃないのにww

次号以降どうしようかな。短期集中連載なら載る全号買ってもいいけど、そうは書いてなかったな。

しかし「短期集中だそうです」って書いてるブログをどこかで見たし(^_^;)

4人くらい女の人がいるっぽいので、1人1話+αだと短期集中連載か。
うーんでも・・・うーん!
長く続いてほしいような、コンパクトに納まってほしいような!
またマンガ買っちゃったよwしかも新しいタイトルのね!
 
「神のみぞ知るセカイ」。

サンデーコミックスです。

本当は「バリハケン(2)」を買うつもりだったんだけど、置いてあるのが残り一冊で、ちょっと折れが気になったので先送り。
で、前から本誌で読んで気になっていたこの作品が平積みになっていたのもあり、購入w

友達も「いい」って言ってたしね!

本誌では途中から読んだので、収録内容はほとんどが初見でした。ちょっと得した気便ですw(なぜ)

話は、
【「落とし神」とネットで崇められているギャルゲーマーが、心の隙間に入り込んだ悪人の魂である「駆け魂」を追い出すために、つまり心を埋めるために、その女の子を恋に落としていく】
という・・・。
あれ、なんかろくでもない話のようだww

でも面白いんですよ。そしてちょっといい話。
主人公の桂馬は、ゲームでは最強だけど、現実の女の子とは手もつないだことがなく、
「現実なんてクソゲーだ」と言っている。
でも、現実の女の子を恋に落とさなければならない。
そこで、三次元の女の子・現実の話と、二次元の女の子・ギャルゲーのストーリーや攻略法とを重ねちゃうんです。数をこなしているからかぶる話が出るらしいwまた、相手のおおよその性格・思考判断も可能。
で、結果もうまくいっちゃうw
一応女の子の「攻略中」の記憶は、駆け魂捕獲後消えるというか修正されるので問題はないっちゃないです。
でも「気になる」感覚は残っているみたい・・・。

しかし結局は桂馬の人柄・心理推察力があってこそなんだと思います。

で・・・別にギャルゲーや乙女ゲーをやりたくなるような感じでもないんですけれども・・・面白いですw女の子かわいいよ!
シリアスにも持って行けそうな感じ。さてはて。


しかし、バリハケンもオタクをネタにした漫画ではないかwうはww私そんなんばっかか?w
トッキュー最終巻、昨日買いました。あれ?9月中に買うつもりだったのにwまあいいやww

20も続いたんだけれども、まだ終わってほしくなかったかな。
しかし、終わり方はスッキリしていてよかった。兵吾はちゃんと、やみくもに「助けます」じゃなく、生死のことを考えられるようになったわけなんかね。死が怖いものとして認識できたというか。
そのうえでのレスキューは、やっぱなんか違う。
そして、久保さんはやっぱり、不安とか、緊張感とか、精神的な迫力がすごい。重厚感があるんだよね!
無駄に重くはないし!

しかし本誌のときも思ったけれど、散々ほのめかしてひっぱてきた真田の「あのこと」が、それなりに重みのある内容にもかかわらず一話で終わらされていたのにはびっくりw
ジャンプなら1巻くらい使うんじゃねえのw

やー。よかった。

久保さんの次回作が楽しみだなー。いつからやるのかなー。(気が早い?)
  <<   HOME   >>  
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
連絡先
感想・連絡などなにかありましたらこちらからどうぞ。
トラックバックは関連記事に関しては歓迎しております。 迷惑・重複を避けるためにチェックしてからの公開となりますのでご了承ください。 また、いただいたトラックバックはお返ししています。
最新CM
[11/08 名無しの権兵衛さん]
[04/18 ピッコロ]
[04/02 keigo]
[03/27 keigo]
[01/22 keigo]
プロフィール
HN:
珪円
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
プロ野球大好き。横浜・中日ファン。
マンガは結構読むけれども置き場に困り始める。少年・青年に、少女マンガもぼちぼち。
「プリンセスチュチュ」は名作。
アニメは中村健治作品や小さいころに見ていた作品が好きです。

ホームページでは自作の小説を載せています(停滞)。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/24)
(09/26)
(09/26)
(09/26)
(09/27)
カウンター
忍者ブログ・[PR]