忍者ブログ
野球もマンガもアニメもチラ裏しまくるよ。08.9.24作成。
[112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [104]  [102]  [101]  [99]  [98
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久々に記事を書いてみる。

妙なタイミングですがCについてですよ。
放送はとっくに終了、BDもまだ4巻が残っていますけれども。
とにかく納得がいかなーい!!

伏線っぽい描写がほとんど放置されてることも、展開も、ラストも。


伏線、主に父親関連のことなんだよ。3話だけであと出てこないんなら、「ああもう完結か」ってなるんだよね。
でも8話だか9話だかでもまた出てきてさ。そんでなんか核心ぽいことわかるかもってフリあったのにさ。
それで終わりなんだもんね。想像・仮説だけで終えて、仕組みや真実に迫ることも触れることもなし。

なんじゃそりゃああああああ!!

振るだけ振って結果というか答え?がわからんて、あほかああああ!!!


ラストの不条理感・モヤリ感は、
「主人公がその選択をしたからといって正しいとか善だとかベストだとか、そういうものとは限らない。自分で判断しましょう」
という狙いなのだとしたら、まだ、まだわかるんだ。
ネット見ると麿に賛成、麿の選択でベストだろ、って言ってる人結構いるみたいだけど。

それはさておき、でもそれならもっとデメリットを描くべきだと思うんだよね。
麿以外の他のだれも麿のことや、「今までの世界」のことを知らなさそうな、別の世界っぽい感じはあるんだけど、
それであってるのかもわからないし、あってるにしてもわかりにくすぎる。

なんていうか「思想的に、結論的に正解のない話」をかきたかったのはよーくわかるんだけれども、

物語の流れ、あらすじを文章に起こす時にどうなるのか、みたいな、そういう「正解」は
あってもいいんじゃないかと思うわけですよ…。
何が起こってどういう状態、心理なのか、意味的にはどうなのかってのが
よくわからないんだよね!

わからなくはないんだけど、
「こういう流れなんだって思ったけどいいの?勘違いや妄想じゃないよね?」
ってなるんだよね。

論文で言うと
結論(とか考察とか)が各自解釈なのはいいけど、手順や結果までもが「誰が読んでもわかる」書き方じゃなく各自解釈にゆだねられている、、かのようなね。
そんな感じ。

説明しなくてもよさそうなところをセリフでだらだら説明するのに、説明してほしいところを画面だけの情報で済ませようとするのもひっかかった。

時間の割り振り方がおかしいっすよwww

こんだけごちゃごちゃと、それでいて具体的なことは何も言ってないんだけど、不満ばっかりなんだけど、C、好きは好きなんだよーーーー。

BDだって買ってるんだよーーー。
何か特典の解説本見れば疑問点解決するんじゃないかっていう期待のもとにね…。

場面場面を切り出してしまえば

熱い展開あり、いい話だなってとこもあり、面白くもあり、、、
要するに期待大だったんですけどね!

キャラクターを大事にしてなさすぎる(友人談)し、展開まじでご都合的かつ超展開だし、
勿体ないことが多すぎた。

設定はよかったのにな。

三國さんが大好きです。麿と三國、どっちの考え方を選ぶかと言われれば、三國さんです。

シスコンとか言われてるけど、当たり前ながらそれだけじゃねーから!!!!ってなります。

麿の方が完全に感情論で突っ走っていると思う。考えてはいるけど、結局は自分がどうしたいかってところだけで、「他人」のことは
「自分の周り」までがせいぜいで、
「全体」 「平均的」
なことは全然考えられていないよね。

円を崩壊させたらどうなるのか、逆回転で未来を取り戻したとしたらどうなるのか、
輪転機を回さないでCをもろに食らったらどうなるのか、
そんなこと考えて行動してないでしょう?

なんでかってーと、麿に輪転機を回したことのデメリットしか説明されてないように思うんですよね。あれは実はあるのかな?
三國が輪転機を回して、自分の未来や「決済」を代償に金を得て、株価を支えたけど、それをサトウは把握していて、だからこそ「超えてはならない一線を」といった。
でも麿はそんなサトウを「ボケー」っとした顔で見てただけなんだよね。
わかってなさそうだ。そんで決済で変わっていく「今」を見て「こんなのCよりひどいよ!」って。
決済と、Cをくらって消滅した国、Cの余波がかすって衰退しまくった国を、お前は見たのか?と小一時間!!!

もうね、なんで三國に反発・疑問を感じていたとはいえ、そんなに簡単にサトウ案に丸々乗っかるのか?
展開上もわからないことだらけ。おまえ6話では否定しとったじゃないかと。
自分の意思でやったことってアセット馬鹿にしたやつ殴ったり、ミダスマネー燃やしたりだけど、それって何か活きてきたんでしょうか…。

なんで三國さんは「俺の選んでいる道は血まみれの道で汚れた平和だ」ってのはわかったうえでやってるのに、麿は最後まで「どうすればいいの?(Ans.逆回転)」とかサトウに聞く始末なのかね。そんでえらそうに三國に突っかかってるもんね。

それに、三國論で救われた人もいると思うんだよね。有無を言わさず「未来がない」感じの衰退をさせちゃったけど。
麿の行動の結果、どうなんですか。
まるっきり別の世界になった(ように思える)世界を見て、でもハナビに似た人を見て、にっこり微笑んでいる。
いやそれでいいのか?と。おめーー完全に自己満足じゃねえかと。
あれ、やはり、入れもの(外見・声など)だけ一緒でも、中身や役割、立場は全然別の人・人生なんだろうと思う。
元いた「自分」って、おそらく麿以外誰も残ってないんじゃないですかね。

脚本の人が「あれはホラーです」って言ってたけど、本当にホラーだわwww

あとキャラクター、萌えそうな要素はたくさんあるのに、どうにももやっとするんだよね。
扱いが悪役的・ピエロ的な三國。
そのアセットはかわいいけどどうしても近親的なにおいがする。
麿はもともと萌えないw
で、真朱はかわいいんだけど、やっぱり設定的に近親のにおいが。
30倍とか40倍とか必要だったの?未来の子供って設定なのに?生まれてるわけじゃないからセーフなの?
なんだそれ。しかも麿はなんだかんだで渋ってるのにな。
よくわかってない真朱に対してデコチューにするのはよかったのに。。。

まー、要は、

後半の展開はクソだと言えるほどご都合、後出し(?)、超展開だったけど、逆に言えばそれゆえに熱かったし、面白かった。
そして、クソといいつつも、それでも「最終回でなにか納得のいく、今迄の疑問が大体解決されるなにかうまい落ちがあるに違いない」と期待させる雰囲気があったので期待しちゃってた。
なのに、最終回で回収するどころか、
ちゃぶ台の上のものを引っ掻き回して、ちゃぶ台自体もひっくり返すかのようなオチだった。

ということが問題なんですよ!!!!!

ぐおーーー!!!

でも中村監督にはまだ期待している。今回はきっと脚本が悪かったんだと思っている。
その脚本でおkしたの監督だろうけど…w

次作はもうちょっと筋的?オチ的?には素直なやつがいいですね。
書きなぐったので変なところがあっても許してください。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
  <<   HOME   >>  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
連絡先
感想・連絡などなにかありましたらこちらからどうぞ。
トラックバックは関連記事に関しては歓迎しております。 迷惑・重複を避けるためにチェックしてからの公開となりますのでご了承ください。 また、いただいたトラックバックはお返ししています。
最新CM
[11/08 名無しの権兵衛さん]
[04/18 ピッコロ]
[04/02 keigo]
[03/27 keigo]
[01/22 keigo]
プロフィール
HN:
珪円
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
プロ野球大好き。横浜・中日ファン。
マンガは結構読むけれども置き場に困り始める。少年・青年に、少女マンガもぼちぼち。
「プリンセスチュチュ」は名作。
アニメは中村健治作品や小さいころに見ていた作品が好きです。

ホームページでは自作の小説を載せています(停滞)。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/24)
(09/26)
(09/26)
(09/26)
(09/27)
カウンター
忍者ブログ・[PR]