忍者ブログ
野球もマンガもアニメもチラ裏しまくるよ。08.9.24作成。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 今はつり球見てますーー!!
まったりしていて非常によろしい!
筋書きが単純そうで、ちょっとひねりもあるよ、って感じが非常によろしい!
なんていうか、どう切り取っても「おもしろい」ってなりそうなところがいい。

Cは逆で、「切り取らないと意味不明でもーだめだやだやだ」だったけどw

今わけわからんのは、アキラの役割くらいだなw いらねえ!って意味じゃなくて、主人公との絡みがまだはっきりしてないなー、どうかかわってくるのかなあ、って気になる感じ。

わからないところが、いい感じに「気になる」ので非常によろしい!

友情もの・家族もの・釣りもの・SFもの、、どうとってもおいしいと思う。今のところ。
夏樹がギスギスしていたり、釣りに誘うのが唐突すぎるとか、僕ここ住む!でなんで受け入れられたのかとか、
ばあちゃん大丈夫かなあ、とか、般若うわあああああああってなるからトラウマじゃないけどやだなあ、とか、、

よくもわるくも気になるところはあるけど!

非常に楽しみです!

あーBD欲しいけど、高いなあ。全6巻ぽいし。特典豪華ならいいか。
でも設定的なのがほしいんだお。キャラ萌え的なのは別に、私はいいんだお。

Cの特典の冊子は結構よかったなあ…。読んで解決したことも結構あった。でもやっぱクソだなって思った。好きだけど。

文句いっておわりw
PR
久々に記事を書いてみる。

妙なタイミングですがCについてですよ。
放送はとっくに終了、BDもまだ4巻が残っていますけれども。
とにかく納得がいかなーい!!

伏線っぽい描写がほとんど放置されてることも、展開も、ラストも。
東村アキコの海月姫が、ノイタミナでアニメ化らしい。

http://www.noitamina.tv/kuragehime.html

まじでー。

嬉しいようなそうでもないような…。

東村アキコは連載物より読み切りもののしっぽりさが好き。しっぽりの使い方あってるのか知らんけどw

うーん、そもそもこれ原作終わるめどついてるのかな?もうそろそろ終わるのだろうか。

なんか煮え切らない感じだからかもやもやもやもやするんで、すっきり進んでほしいなあ。

ネタに走り気味なのかしっかり恋愛面の決着つけるつもりなのかチンプン。
今本誌どなってるのだろう。

…ていうかアニメ化するほど人気あるの!?
まあマンガ大賞にもノミネートされたり「このマンガがすごい!」にも選ばれていたなあ、そういや。

…モテキもアニメ化しないかなww
ドラマも合いそうだけど、妙にスイーツDQNな展開にされそうな気もするからやだな~w
「ゲームやアニメについてほそぼそと語る人」さんより、アニメ評価をしてみました。

対象は空中ブランコのみで。鷹の爪も微妙に見てたけど虫食い的かつ最後まで見てないw

以下評価点数
評価の指標として、
5点:とても良い
4:良い
3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル
1:悪い
0:かなり悪い



ストーリー 4点
キャラクター性 4点
画 3点
演出 5点
音楽 5点
総合的な評価 4点

こんなところで。
良くも悪くもクセが強い作品だから点数は難しいですね。大好きだけど。

●オチが弱かったりわかりにくかったりだからストーリー4点にしたけど、わざとだし、、爽やかさはもう満点にしちゃってもいいくらいww
●キャラクターも、声優とはあってるけど、満点ってほど魅力ではないんだよね…病院サイドはいいんだけど。
そこ、1話完結だと難しいですよね。レギュラーに愛着湧くのはある意味当たり前だし。というわけで4。
●画は…あの最近のアニメとはかけ離れた感じ、なんなんだろうw 作画が雑なのかわざとなのかわからない。伊良部の顔が毎度結構違った気がする。
●演出、これはツボったので5点。
●この作品は音楽に助けられすぎている気もするw OPとEDの爽やかさ何ww

最終話がイマイチ納得いかないこともあり、総合評価は4で。こういうアンケ、いつも高めにつけてしまう気がするけど…。

DVDの初回特典の封入カードが意外とまともな補完(文字での病状・回復に向かっているオチの説明?)があるんで、それを全部見たらまた変わるかも。全部満点にwww


http://trackback.blogsys.jp/livedoor/koubow20053/51392738

空中ブランコの公式が更新されていたー。

「スペシャル」のとこだけだけど…。
あらすじの11話もとい11話での「奇妙なアレ」はないのかなー。残念。

その「スペシャル」は11話の英雄が追加されていて、今までの患者の3つめ、「?」になっていたところが公開されていた…んだけど。

カナリアかい。

カナリアかい。

人間→動物→カナリア・・・。

みんなカナリアってのはまあ、明かされていたし、わかっていただけど、各ラストを迎え回復に踏み出している後でカナリアってなんか変でないか。これじゃまるで「人の姿は仮の姿で実は物理的にカナリアでした」のようだw 比喩じゃなくっていうか。

カナリアはどちらかというと最初な気がするのだが。
図の矢印は特に意味がないのだろうか。変化の順番ではなく、明かされた順とかそういう…?

てっきり後日談的な姿が写されるのかと思っておったわww

カナリアだったのかあ。ふーむ。
年越しもったいぶった割に(おい)なんだかなー。内容に合ってるけどなんだかなー。

こっそりとDVD特典のカルテカードやら謎解きやら期待しているけど、買わなきゃわからなようになんてならないだろうなあ…。明かされるとちょっと嬉しい、とかそのくらいかな。

さてーどうなるやら。1巻発売が待ち遠しい。

あと特典は個人的に、どれかに時系列表をつけてくれると嬉しいかもw

最終話!
正直10話の「オーナー」がよすぎたので、どうなるのかなあ…と思っていたんですよね。
総集編というか、全員の補完というか25日の様子や、総括をしてくれるのかと思ったらそうではなかった…。

とりあえず公式よりあらすじ
救急救命科の医師、津田英雄は患者を救う事にやり甲斐と充実感を感じる日々を送っていた。
しかし、高校生の息子、雄太が携帯電話を手放すと痙攣するケータイ依存症を発症、妻の久子からの頼みで、渋々と院内で変わり者として有名な伊良部に治療を頼む。
雄太に携帯を止めろと言っても聞かず困っている、と言う英雄に伊良部は突然注射を打たせろと迫る。強引に注射を打った後も何の変化もしない「正常」な英雄に伊良部は意外な事を語り始める…


以下感想↓

今週は重大な用事があったため感想が今頃という。でも視聴は当日にしたぞ!いい話だった!!
原作つきのでは最終話!次回も気になるけど今回も!的な!!!

公式よりあらすじ
歯に衣着せぬ発言で有名な新聞社会長兼プロ野球球団オーナー、ナベマンこと田辺満雄。彼は光と闇に反応して発作を起こすパニック障害を患っていた。
伊良部は満雄に「闇は棺桶の象徴、光は天国の象徴」で、死への恐怖が原因と言う。光を避けたい満雄に記者達は政界と、スワローズの三塁手坂東の悪送球に関するコメントを聞き出そうとフラッシュを浴びせていく…
誰しも逃れられない「死」の恐怖に直面する満雄への伊良部の行動とは?

以下感想↓  思わず長くなった

  <<   HOME   >>  
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
連絡先
感想・連絡などなにかありましたらこちらからどうぞ。
トラックバックは関連記事に関しては歓迎しております。 迷惑・重複を避けるためにチェックしてからの公開となりますのでご了承ください。 また、いただいたトラックバックはお返ししています。
最新CM
[11/08 名無しの権兵衛さん]
[04/18 ピッコロ]
[04/02 keigo]
[03/27 keigo]
[01/22 keigo]
プロフィール
HN:
珪円
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
プロ野球大好き。横浜・中日ファン。
マンガは結構読むけれども置き場に困り始める。少年・青年に、少女マンガもぼちぼち。
「プリンセスチュチュ」は名作。
アニメは中村健治作品や小さいころに見ていた作品が好きです。

ホームページでは自作の小説を載せています(停滞)。
バーコード
ブログ内検索
最古記事
(09/24)
(09/26)
(09/26)
(09/26)
(09/27)
カウンター
忍者ブログ・[PR]